禅宗美術

  • 2016.10.22 Saturday
  • 08:44

東京・上野の東京国立博物館で、鎌倉時代から江戸時代の

禅宗美術の展覧会「禅―心をかたちに―」が開催されております。

 

全国の6000を超える禅宗の寺院から集めた禅の名宝、約240点を展示し、

水墨画や障壁画などの絵画から仏像、書、茶器まで幅広く網羅され、

禅宗美術の展覧会としては過去最大の規模と言われております。

 

約1500年前に、達磨大師によってインドから中国へ伝わり、日本では

鎌倉時代に伝わっている禅宗です。

 

今でも人気が高く、座禅体験者も後を絶たないそうですが、

美術に触れ合う機会は今まであまりなかったのではないでしょうか。

 

冒頭の展示室では「達磨像」といった禅という言葉から連想しやすい作品を並べ、

禅について知らない人でも「禅とは何か」を学べるそうです。

 

障壁画の展示室の一画には実際に座禅を体験できるスペースが

設けられているそうなので、一度訪れてみたいものです。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、
全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。

古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。

神戸市中央区、神戸市北区、神戸市西区、神戸市東灘区、神戸市灘区などの神戸市や
芦屋、西宮、尼崎、豊中、箕面、大阪、京都、奈良、和歌山、滋賀他、全国無料出張いたします。


骨董品・美術品の買取は古美術寿永堂
お電話:0120-13-6767
メールはこちらから

スポンサーサイト

  • 2017.06.03 Saturday
  • 08:44
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM