コイの置物に1900万円

  • 2016.11.05 Saturday
  • 09:37

ドイツ南部ミュンヘンの競売会社ヘルマン・ヒストリカで10/24に

日本の骨董品約300点の競売があり、明治時代のコイの金属製工芸品

「自在置物」が17万ユーロ(約1900万円)、江戸時代のかぶとが

5万8千ユーロで落札されたそうです。

 

コイの置物に1900万円 独、日本の骨董品競売 

 

「自在置物」とは細かい金属パーツを1つに組み上げ 本物ソックリの模型にしてしまうもので、

龍、蛇、鳥、伊勢海老、海老、蟹など様々な動物(想像上のもの含め)を作り

上げるものです。

 

江戸時代の中頃、武具の需要が減った時に、技術伝承と収入源を兼ねてこういった

技術が発達してきたそうです。

 

自在置物は海外での評価が高かったため、その多くが外国に残る一方で

日本国内にはあまり伝わらず、長い間存在を知られることがなかったそうです。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、
全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。

古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。

神戸市中央区、神戸市北区、神戸市西区、神戸市東灘区、神戸市灘区などの神戸市や
芦屋、西宮、尼崎、豊中、箕面、大阪、京都、奈良、和歌山、滋賀他、全国無料出張いたします。


骨董品・美術品の買取は古美術寿永堂
お電話:0120-13-6767
メールはこちらから

スポンサーサイト

  • 2017.06.03 Saturday
  • 09:37
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM