ミニ彫刻「根付」米国で再評価

  • 2016.11.12 Saturday
  • 09:44

安土桃山時代から江戸時代に流行した装飾品「根付(ねつけ)」が

アメリカで再評価されているそうです。

 

根付は手のひらサイズのミニチュア彫刻で、幕末の開国を機に花鳥風月といった

日本らしいデザインやユーモラスな造形が欧米収集家の

目に留まり、現在は9割が海外で所蔵されているそうです。

 

根付はもともと印籠(いんろう)や巾着を腰から提げるための留め具で

町人文化の隆盛に伴い、江戸や京都、名古屋などでそれぞれ流派が形成され、

「粋」を競い合ってさまざまなデザインが生まれました。

 

在ワシントンの日本大使館が、米国内に埋もれた日本の美術品の発掘を

進めており、日本の文化や生活が詰まった根付に光を当てることで

米国内の日本ファンを増やすそうです。

 

今後に注目したいところですね。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、
全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。

古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。

神戸市中央区、神戸市北区、神戸市西区、神戸市東灘区、神戸市灘区などの神戸市や
芦屋、西宮、尼崎、豊中、箕面、大阪、京都、奈良、和歌山、滋賀他、全国無料出張いたします。


骨董品・美術品の買取は古美術寿永堂
お電話:0120-13-6767
メールはこちらから

スポンサーサイト

  • 2017.10.14 Saturday
  • 09:44
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM