上野のクラーナハ展が入場者10万人突破

  • 2016.12.10 Saturday
  • 12:01

東京・上野の国立西洋美術館で開催中の「クラーナハ展―500年後の誘惑」

の入場者が12/8、10万人を越えたそうです。

 

日本初の開催で、ルカス・クラーナハは、ヴィッテンベルクの宮廷画家として

名を馳せたドイツ・ルネサンスを代表する芸術家です。

 

特徴的な作風として、ユディトやサロメ、ヴィーナスやルクレティアといった

物語上のヒロインたちを、特異なエロティシズムで描きだしたところにあります。

 

また、ビジネス感覚にも優れ、共同制作者たちが容易に構図を複製し、また

改変できるようにしたばかりでなく、蛇をモティーフとした

印象深いサインによって、数多くの自作に、いわば商標を与えていったそうです。

 

2017年1月15日(日)まで開催されておりますので、機会があれば

訪れてみたいものですね。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、
全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。

古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。

神戸市中央区、神戸市北区、神戸市西区、神戸市東灘区、神戸市灘区などの神戸市や
芦屋、西宮、尼崎、豊中、箕面、大阪、京都、奈良、和歌山、滋賀他、全国無料出張いたします。


骨董品・美術品の買取は古美術寿永堂
お電話:0120-13-6767
メールはこちらから

スポンサーサイト

  • 2017.08.19 Saturday
  • 12:01
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM