風神雷神

  • 2017.01.14 Saturday
  • 09:43

安土桃山時代に繁栄した俵屋宗達の風神雷神図屏風は非常に有名な作品で、

未だにとても人気があります。

 

この作品は1621年以降に制作されたとの話があり、北野天神縁起絵巻から同じ悪魔の

イメージを転用したことが知られていますが、実は風神のイメージの源はわかって

いないそうです。

 

現存しない絵巻物から転用したかもしれませんし、京都の三十三間堂にある13世紀の

慶派の仏像、風神雷神像から着想を得たのかもしれないとの話もあります。

 

ちなみに屏風の左上に位置する雷神は、金地の背景と銀の雨雲に対して、

白い色の体躯が目をひきます。

 

この技術はたらし込みと呼ばれ乾かない状態のまま、ひとつの色をもう1つの色ににじませ、

豊かな不均一さを持つ表情で混色しています。

 

当時としては新しい技術でしたので、作品発表当時もさぞ注目されていた

ことかと思います。 

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、
全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。

古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。

神戸市中央区、神戸市北区、神戸市西区、神戸市東灘区、神戸市灘区などの神戸市や
芦屋、西宮、尼崎、豊中、箕面、大阪、京都、奈良、和歌山、滋賀他、全国無料出張いたします。


骨董品・美術品の買取は古美術寿永堂
お電話:0120-13-6767
メールはこちらから

スポンサーサイト

  • 2017.08.19 Saturday
  • 09:43
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM