藤田美術館の歴史的300億円落札

  • 2017.04.29 Saturday
  • 10:48

藤田美術館は3月にニューヨークで行われたクリスティーズのオークションで

中国美術の名品31点を出品して、総額2億6280万ドル(約300億円)という

記録破りの落札額を達成しました。

 

当初の落札予想額は50億円、業者間の予想でも150億円だったのに対して、

南宋時代の陳容の巻物1点だけで約56億円を記録したとのことです。

 

大阪市にある藤田美術館は、藤田傳三郎の東洋美術、茶道具を

所蔵展示している、国内屈指の質を誇る美術館です。

 

1954年の開館から63年経ち、低金利下で財団の財政事情も厳しく、

建物の老朽化、スペースの手狭さが新たなる展開を妨げていたところ、

今回の出店に至ったとのことです。

 

まだまだ、中国美術の勢いは衰えを知りませんね。


私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、
全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。

古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。

神戸市中央区、神戸市北区、神戸市西区、神戸市東灘区、神戸市灘区などの神戸市や
芦屋、西宮、尼崎、豊中、箕面、大阪、京都、奈良、和歌山、滋賀他、全国無料出張いたします。


骨董品・美術品の買取は古美術寿永堂
お電話:0120-13-6767
メールはこちらから

スポンサーサイト

  • 2017.10.14 Saturday
  • 10:48
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM