古代中国の貨幣、南あわじで出土

  • 2017.05.27 Saturday
  • 09:00

紀元14〜40年・中国古代国家の「新」「後漢」で鋳造されたとされる貨幣

「貨泉」3枚が、兵庫県南あわじ市八木入田の入田稲荷前遺跡で出土されました。

 

弥生時代に日本へ流入したとみられ、一度に出土した数量として

全国で3番目の規模となるそうです。

 

南あわじ市は過去2015年4月に祭祀道具「松帆銅鐸」7点が見つかるなど、

弥生時代の青銅器が集中出土され、弥生時代最大級の鉄器工房である五斗長垣内遺跡や、

中国鏡片が発見された舟木遺跡(いずれも淡路市)とは同時代に当たるものだそうです。

 

南あわじ市教委は「渡来人との交易もうかがわせ、畿内への玄関口となる淡路島の重要性を示す遺物」

 

出土品は5月20日〜7月2日に滝川記念美術館「玉青館」

(南あわじ市松帆西路)で有料公開されるとのことなので、機会ある方は

訪れてみてはいかがでしょうか。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、
全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。

古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。

神戸市中央区、神戸市北区、神戸市西区、神戸市東灘区、神戸市灘区などの神戸市や
芦屋、西宮、尼崎、豊中、箕面、大阪、京都、奈良、和歌山、滋賀他、全国無料出張いたします。


骨董品・美術品の買取は古美術寿永堂
お電話:0120-13-6767
メールはこちらから

スポンサーサイト

  • 2017.10.14 Saturday
  • 09:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM