子犬をスタッフに任命 米ボストン美術館

  • 2018.01.13 Saturday
  • 10:40

世界有数コレクションのアメリカのボストン美術館が、子犬をボランティアの

スタッフに任命し、鋭い嗅覚を生かして、害虫などから美術品を

守る重要な仕事を担うことになりました。

 

生後12週目の子犬のライリーは、灰色で長い耳が特徴のワイマラナー

という狩猟犬の一種で、鋭い嗅覚で害虫などの被害を受けた美術品を

見つけ出す仕事にあたるということです。

 

普段は美術館の職員と一緒に暮らし、閉館中など人目につかない

時間帯に仕事をするため、一般人が働きぶりを見るのは難しいそうです。

 

早くも地元紙にも取り上げられているそうなので、

名物犬として、注目を浴びそうですね。


私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、
全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。

古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。

神戸市中央区、神戸市北区、神戸市西区、神戸市東灘区、神戸市灘区などの神戸市や
芦屋、西宮、尼崎、豊中、箕面、大阪、京都、奈良、和歌山、滋賀他、全国無料出張いたします。


骨董品・美術品の買取は古美術寿永堂
お電話:0120-13-6767
メールはこちらから

スポンサーサイト

  • 2018.09.30 Sunday
  • 10:40
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM