犬にちなんだ美術品を展示 東京国立博物館で新年特集

  • 2018.01.20 Saturday
  • 08:47

東京国立博物館で「博物館に初もうで 犬と迎える新年」が

開かれ、戌年にちなんだ犬にまつわる美術品約60件が

展示されております。

 

「いぬのかたち」と「いぬとくらす」がテーマで、大半は同館の収蔵品で、

絵画や造形作品で表現された犬の姿を楽しめ、犬と人間の関わりを

改めて考える機会にもなっているそうです。

目玉の一つは、江戸時代の円山応挙の「朝顔狗子図杉戸」で、

白と茶の犬のかわいらしい様子を群青の花が開く朝顔と描いた作品で、

こちらを目当てに来場する方も多いそうです。

 

他にも歌川広重の錦絵「名所江戸百景・高輪うしまち」や、田園で人間と

友のように過ごす犬が描かれた中国の絵画など、様々な展示があり、

盛況だそうです。

 

珍しい美術展示ですが、1/28で終了とのことなので、

機会あればお早めに。


私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、
全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。

古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。

神戸市中央区、神戸市北区、神戸市西区、神戸市東灘区、神戸市灘区などの神戸市や
芦屋、西宮、尼崎、豊中、箕面、大阪、京都、奈良、和歌山、滋賀他、全国無料出張いたします。


骨董品・美術品の買取は古美術寿永堂
お電話:0120-13-6767
メールはこちらから

スポンサーサイト

  • 2018.12.08 Saturday
  • 08:47
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM