何でも鑑定団:曜変天目茶碗

  • 2018.02.17 Saturday
  • 12:20

2016年12月に古美術鑑定家の中島誠之助氏が2500万円の

高値をつけた曜変天目茶碗に関して、再度疑惑の声が出ているそうです。

 

曜変天目は室町時代の茶人が愛好した天目茶碗の最上級品で、

中国・南宋時代に福建省・建窯で作られました。偶然の要素が模様を作るため、

同じ模様の再現は不可能といわれ、織田信長や徳川家康も愛用しており、

無傷で現存する3点はいずれも国宝になっていおります。

 

こちらは鑑定直後も本物かと話題になりましたが、今年に入り、

中国福建省建窯の陶芸家・李欣紅さんが自分が作ったものだと

話しているそうです。

 

真偽の程は不明ですが、常に話題になるほどの品物なので、

今後にも注目ですね。


私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、
全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。

古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。

神戸市中央区、神戸市北区、神戸市西区、神戸市東灘区、神戸市灘区などの神戸市や
芦屋、西宮、尼崎、豊中、箕面、大阪、京都、奈良、和歌山、滋賀他、全国無料出張いたします。


骨董品・美術品の買取は古美術寿永堂
お電話:0120-13-6767
メールはこちらから

スポンサーサイト

  • 2018.07.14 Saturday
  • 12:20
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM