赤と青の美術品

  • 2018.06.30 Saturday
  • 11:29

「赤」と「青」に人々が抱いた思いを美術品・工芸品が展示された

MIHO MUSEUM(滋賀県甲賀市信楽町)の夏季特別展「赤と青のひ・み・つ」が

6/30より開幕されます。

 

太陽や炎、血を連想させる「赤」と、空や海の色である「青」は、

世界の多くの地域で信仰と結びつき、憧れとされています。

 

赤ゾーンでは、呪術に用いられた古代アメリカの像や鏡、

国内の土偶・埴輪・漆塗り器・真っ赤な僧衣が特徴の伊藤若冲筆「達磨図」

が修復後初公開される。

青ゾーンでは、古代オリエントで珍重された貴石ラピスラズリのペンダント・

ガラスで作られた古代エジプトの神像・王像・中国や朝鮮の染付や青磁の器が並ぶそうです。

 

珍しい催し物ですので、一度訪れてみたいものですね。


私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、
全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。

古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。

神戸市中央区、神戸市北区、神戸市西区、神戸市東灘区、神戸市灘区などの神戸市や
芦屋、西宮、尼崎、豊中、箕面、大阪、京都、奈良、和歌山、滋賀他、全国無料出張いたします。


骨董品・美術品の買取は古美術寿永堂
お電話:0120-13-6767
メールはこちらから

スポンサーサイト

  • 2018.09.15 Saturday
  • 11:29
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM