絵画や彫刻が資産になる?美術品を投資対象にするアート投資

  • 2018.08.11 Saturday
  • 09:58

実物資産を活用した資産形成の手段として、絵画や彫刻といった「アート」が

近年注目を集めております。

 

海外では一般的で、欧米では古くから著名作家の作品は資産形成に用いられ、

経済成長が著しい中国をはじめとするアジアの富裕層も関心を高めています。

 

例えば、草間彌生氏の場合、「かぼちゃのひるね」というシルクスクリーン版画作品の

オークション見積価格は2011年で約20万円だったが、2016年に約200万円に上昇しています。

 

グローバルで知名度がある作家・作品であれば、価値や価格は担保されやすく、

マーケットが大きい海外で評価されると欲しい人が増え、それに伴い価格上昇します。

 

いまは世界各地で作品を出品・販売するアートフェアが行われていて、

国内でも中堅や新進の作家を扱うギャラリーもたくさんあるので、

狙い時もしれませんね。


私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、
全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。

古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。

神戸市中央区、神戸市北区、神戸市西区、神戸市東灘区、神戸市灘区などの神戸市や
芦屋、西宮、尼崎、豊中、箕面、大阪、京都、奈良、和歌山、滋賀他、全国無料出張いたします。


骨董品・美術品の買取は古美術寿永堂
お電話:0120-13-6767
メールはこちらから

スポンサーサイト

  • 2018.08.19 Sunday
  • 09:58
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM