貿易紛争に巻き込まれる中国の美術品取引

  • 2018.09.15 Saturday
  • 13:03

古美術品や現代絵画、25%の米関税に直面する可能性があるそうです。

 

連日ニュースで取り上げられている通り、米国が最近提示した関税案は、

自転車のヘルメットから半導体の部品に至るまで2000億ドル相当の物品を

対象にしており、トランプ政権が最終手続きを進めているそうです。

 

アンティークの工芸品のほか、現代絵画や彫刻・版画は、最大25%の関税を

課される可能性があります。

中国政府は既にアンティークの工芸品の輸出を厳しく制限しており、

関税は米国のバイヤーが英国や日本など、他国で購入する中国の工芸品にも

打撃を及ぼすことになりそうです。

 

関税は、今後のアンティーク・コレクションの販売を危うくする恐れがあり、

例えば、日本の収集家が集めた宋時代の中国製陶磁器、臨宇山人コレクション。

このコレクションの大半は既にニューヨークのオークション大手クリスティーズで

競売にかけられ、今年3月には、その一部が1280万ドルで売られたほか、

2016年には別の一部が1840万ドルで売られております。

 

今後、様々なところで影響が出そうな事態です。


私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、
全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。

古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。

神戸市中央区、神戸市北区、神戸市西区、神戸市東灘区、神戸市灘区などの神戸市や
芦屋、西宮、尼崎、豊中、箕面、大阪、京都、奈良、和歌山、滋賀他、全国無料出張いたします。


骨董品・美術品の買取は古美術寿永堂
お電話:0120-13-6767
メールはこちらから

スポンサーサイト

  • 2018.09.15 Saturday
  • 13:03
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM