松浦武四郎の首飾り再現 古代勾玉など243個

  • 2018.10.06 Saturday
  • 14:56

「北海道の名付け親」の探検家、松浦武四郎が愛用した、古代のひすいの勾玉などを

連ねた大首飾りのレプリカを、出身地の三重県松阪市が公開しました。

 

武四郎は北海道の詳細な地図を作製、アイヌ民族に対する和人の

差別を記録するとともに、屈指の骨董品コレクターとしても知られています。

首飾りは縄文から古墳時代、そして近代までの243の石を連ね長さ145センチ・

3キロの重さがあります。

 

新潟県糸魚川市のひすい職人、山田修さんが、静嘉堂文庫美術館が所蔵する実物を

約1年かけて写し、国内外の原石を削って完成させたそうです。

 

10/13から公開だそうなので、機会あれば訪れてみたいものですね。


私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、
全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。

古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。

神戸市中央区、神戸市北区、神戸市西区、神戸市東灘区、神戸市灘区などの神戸市や
芦屋、西宮、尼崎、豊中、箕面、大阪、京都、奈良、和歌山、滋賀他、全国無料出張いたします。


骨董品・美術品の買取は古美術寿永堂
お電話:0120-13-6767
メールはこちらから

スポンサーサイト

  • 2018.12.08 Saturday
  • 14:56
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM