岡崎でガラ紡や美術品展示

  • 2018.10.13 Saturday
  • 15:00

当時の三河を紹介する企画展「明治150年 近代日本の挑戦者たち〜博覧会にみる明治の三河」が

9/29より、岡崎市高隆寺町の市美術博物館で始まりました。

 

三河地方の紡績業の発達を支えた紡績機「ガラ紡」や、田原藩家老の

渡辺崋山の流れをくむ文人画など百二十点を展示されております。

 

臥雲辰致(がうんたっち)が考案したガラ紡の複製は、ハンドルを回すと

綿を入れた筒から糸状に綿が取り出され、上部の糸巻きに巻かれる仕組みが

分かるものだそうです。

 

美術では、崋山の次男小華が描いた「煙草綿花写生図」が目を引く。西洋の影響を受けて

アジア独自の文人画は下火になったが、三河地方では崋山の弟子らが脈々と

画風を継承したことが受け取れるものとなっております。

 

珍しい催し物なので、機会あれば訪れてみたいものですね。


私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、
全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。

古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。

神戸市中央区、神戸市北区、神戸市西区、神戸市東灘区、神戸市灘区などの神戸市や
芦屋、西宮、尼崎、豊中、箕面、大阪、京都、奈良、和歌山、滋賀他、全国無料出張いたします。


骨董品・美術品の買取は古美術寿永堂
お電話:0120-13-6767
メールはこちらから

スポンサーサイト

  • 2018.09.30 Sunday
  • 15:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM